30代おすすめの転職エージェント5選

webライターのメリット4つとデメリット3つを解説

webライターのメリット4つとデメリット3つを解説

悩む人
悩む人

webライターのメリットとデメリットって何があるのかな〜〜?


こんな疑問にお答えします。

本記事の信頼性

  • ブログ歴1年半経過
  • ブログで収益を発生させている


「webライターの将来性が不安だし、webライターをやるメリットを知りたい。デメリットもあればに知りたい。」

webライターはメリットもありますし、もちろんデメリットも存在します。

この記事を読むメリット

  • webライターのメリットが4つわかる
  • webライターのデメリットが3つわかる
  • webライターの始め方がわかる


それでは、webライターのメリットとデメリットについて解説します。

webライターの仕事とは

webライターの仕事とは


webライターの仕事は主にウェブ上で書くことがwebライターの仕事です。

例えば、ブログ記事、記事作成、ランディングページ(LP)、インタビュー、企画案、台本作成が主なwebライターの仕事ですね。

webライターの仕事とは

  • ブログ記事
  • 記事作成
  • ランディングページ(LP)
  • インタビュー
  • 企画案
  • 台本作成


ウェブ上で書く仕事がwebライターの仕事ですよ。

webライターのメリット4つ

webライターのメリット4つ


webライターをやるメリットは全部で4つあって、1つは「誰でも始められる」2つは「在宅でできる・時間が自由」3つは「スキルと知識が身につく」4つは「独立・転職できる」です。

webライターのメリット4つ

  1. 誰でも始められる
  2. 在宅でできる・時間が自由
  3. スキルと知識が身につく
  4. 独立・転職できる


webライターを始めるとメリットもいっぱいあるのでおすすめですよ。

webライターのメリット①:誰でも始められる


webライターは誰でも始められることができます。

資格も必要ないですし、学歴も関係ありません。

パソコンとインターネットが繋がれば、誰でも始めることができます。

誰でも始めれることがwebライターのメリットですね。

webライターのメリット②:在宅でできる・時間が自由


webライターはパソコンがあればできるので、在宅でもできますし、カフェでも仕事をすることができます。

時間も縛られることなく、毎日電車に乗る必要もありません。

自由に働けることがwebライターのメリットですね。

webライターのメリット③:スキルと知識が身につく


webライターをすることでスキルと知識が身につくことがメリットです。

webライターはライティングスキル、マーケティングスキル、ワードプレスの知識、SEOの知識、SNSなどスキルと知識が自然と身につきます。

身につくスキルと知識

  • ライティングスキル
  • マーケティングスキル
  • ワードプレスの知識
  • SEOの知識
  • SNSなど


webライターは知識とスキルが身につくのでおすすめですね。

ブログに身につくスキルについては「ブログが転職に有利な理由と職種を2つ解説【ブログで身につくスキル】」をどうぞ。

webライターのメリット④:独立・転職できる


webライターで稼ぐことができると、その先に独立、転職することができます。

実際にwebライターで独立している人もいますし、webライターを経験してから転職した人も多いですよ。

身についたスキルと知識を活かすことで転職や独立できることもwebライターのメリットですね。

webマーケティングを独学して転職する方法は「webマーケティングを独学して転職する3ステップと独学すること4つ」をどうぞ。

webライターのデメリット3つ

webライターのデメリット3つ


webライターのデメリットは3つあって、1つは「最初はきつい」2つは「舐められる傾向にある」3つは「書かないと稼げない」です。

webライターのデメリット3つ

  1. 最初はきつい
  2. 舐められる傾向にある
  3. 書かないと稼げない


webライターにもデメリットがあるので、詳しく解説しますね。

webライターのデメリット①:最初はきつい


webライターは最初は稼ぐことがきついです。

なぜなら、スキルがなくて実績がないwebライターは単価が安いから。

とはいえ、実績を作ることが先決で、最初は単価が安くても仕方ないと割り切りましょう。

なので、webライターは稼げるようになるまでがきついことがありますよ。

webライターのデメリット②:舐められる傾向にある


webライターは舐められる傾向があって、なぜかというとメリット1「誰でも始められる」で解説したように誰でも始められるということは、他のwebライターさんもいっぱいいるからです。

クライアントから無理な要求や理不尽に断られることも実際あります。

しかし、しっかりとしたスキルと信頼があればクライアントさんも仕事を依頼してくれるので、過度に不安にならなくても大丈夫ですよ。

webライターのデメリット③:書かないと稼げない


webライターは書くことでお金を稼ぐことができます。

しかし、書かないとお金が発生しないので、仕事がなくなると収入が途絶えてしまう可能性があります。

書き続けないと稼げないことがデメリットですが、対策もあります。

解説します。

webライターの始め方2つ

webライターの始め方2つ


webライターの始め方は2つありまして、1つは「副業で始める方法」2つは「ブログで始める方法」ですね。

webライターの始め方2つ

  1. 副業で始める方法
  2. ブログで始める方法


webライターを始めるならこの2つの方法がおすすめですので、解説します。

webライターの始め方①:副業で始める方法


webライターは副業で始めることをおすすめします。

なぜなら、webライターはすぐに稼ぐことができないし、安定するまで時間がかかるから。

副業で始めるメリットは「精神が安定する」「スキルが身につく」「好きな時間でできる」「収入が増える」ですね。

webライターはクラウドワークスで仕事ができますし、月3万円程度なら可能ですよ。

webライターの副業の始め方は「webライターの副業の始め方と月3万円稼ぐ方法」をどうぞ。

webライターの始め方②:ブログで始める方法


デメリット3「書かないと稼げない」で解説しましたが、webライターは書かないと稼ぐことができません。

そこでお勧めする方法が「ブログを運営する方法」です。

なぜブログを運営するかというと、記事を書くことでライティングスキルが上り、アフィリエイトで稼ぐことができるからですね。

ブログは記事を書けば書くだけ資産になります。

つまり、記事が資産となって稼いでくれます。

なので、webライターとして副業をしながらブログも運営することが一番リスクを分散できる方法ですね。

ブログの始め方は「【WordPress】ブログの始め方を33枚の画像を使って4ステップで解説【ロリポップ】」をどうぞ。

webライターに向いてる人

webライターに向いてる人


webライターに向いている人とそうでない人がいて、向いている人は「じっくり考えることが好きな人」「話すより書くことが得意な人」「分析や仮説を立てることが好きな人」が主にwebライターに向いてますね。

もちろん、話すことが得意な人でも向いている人もいますので、参考までにしておいてください。

webライターのメリット4つとデメリット3つを解説

まとめ
  • webライターの仕事とは
  • webライターのメリットとデメリット
  • webライターに向いている人


webライターのメリットは誰でも始められるし、スキルも知識もつくことです。

webライターを始めるなら副業から始めることと、ブログを運営することが一番安定して始めることができます。

【WordPress】ブログの始め方を33枚の画像を使って4ステップで解説【ロリポップ】