ロングテールキーワードとは何か?アクセスアップはロングテールキーワードが超重要!!

ブログの始め方


こんにちは、ササクラ です。


キーワード選定をする際、ロングテールキーワードってよく聞いたことはないですか?


実はこの記事で紹介するロングテールキーワードを理解すればブログアクセスが急増します。


なぜなら、ブログ初心者はロングテールキーワードから始めることがおすすめだからです。


この記事では、ロングテールキーワードとは何か?


ロングテールキーワードの調べ方、メリットを紹介しています。


記事を読み終えると、ロングテールキーワードがいかに重要かが理解できます。


ロングテールキーワードとは?


ロングテールキーワードとはどういったものなのでしょうか?


例えば、「ブログ」について書きたいと思っているとします。


基本的にロングテールキーワードとは3つのキーワードから成り立っているもので、


「ブログ 書き方 コツ」のように3つの単語からなっているものをロングテールキーワードといいます。



ビッグ、ミドル、ロングテールキーワードの違い


ビッグキーワードは「ブログ」のような1つの単語。


ミドルキーワードは「ブログ 書く」のようなな2つからなる単語。


ロングテールキーワードは、「ブログ 書く コツ」のように3つから成る単語。


それぞれ検索されるボリュームも変わってきます。



ロングテールキーワードの検索ボリューム


ロングテールキーワードは、月に100〜500回検索されるキーワードのことを言います。


ロングテールキーワードは比較的少ない検索ボリュームです。


反対に、ビッグキーワードは、月に10万回以上検索されるキーワードで


ミドルキーワードは、500〜3000回検索されるキーワードのことをいいます。


ロングテールキーワードの調べ方


ロングテールキーワードについてわかったところで、ロングテールキーワードはどうやったら調べられるのか?


どこで調べることができるのかなどについて解説いたします。


関連キーワードツールでアクセス数の多いキーワードを調べる


まず、調べたいキーワードを決めます。


ここでは、「ブログ」をキーワードにします。


最初に関連キーワード取得ツールのサイトに飛び、


「ブログ」と記入し取得開始をクリックします。



関連キーワード取得ツール


取得したキーワードから書けそうなものを選びます。


ここでは、「ブログ 稼ぐ」を選ぶ。




キーワードプランナーで検索ボリュームを調べる



キーワードプランナーとはGoogleが提供しているツールです。



キーワードプランナーを使うことによってキーワードの検索ボリュームや月別の検索ボリュームを調べることができます。



キーワードプランナーの使い方



「新しいキーワードを見つける」をクリック。



関連キーワード取得ツールで取得したキーワードを記入して、「結果を表示」をクリック。


ここでは、「ブログ 稼ぐ」と入力します。



月別検索ボリューム




クリックしたら画面上部には月別の検索ボリュームが表示されます。


そのまま下にスクロールすると「ブログ 稼ぐ」に関連した検索ボリュームが表示される。


この中から検索ボリュームが100〜500のロングテールキーワードを選びます。



検索ボリューム



例えば、検索ボリューム320の「ブログで 稼ぐ 初心者」のロングテールキーワードを使ってブログを書きます。

検索ボリュームの詳細の値は、アドワーズに広告を投稿しないと表示されないのでアドワーズに広告を投稿してから使うようにしましょう。



ロングテールキーワードから始めるメリット


ここまでロングテールキーワードの選び方、キーワードプランナーの使い方をみてきました。


ではなぜ検索ボリュームの少ないものからブログを書いていくのでしょうか。


検索ボリュームが多い方がアクセスが多く見込めるじゃないかと思いの方がいらっしゃると思います。


この章では、ロングテールキーワードから始めるメリットを紹介します。



初心者におすすめ


まず、初心者におすすめということです。


なぜかというと、ブログを初めてばかりのブログはドメインパワーが弱いです。


ドメインパワーが強いブログは、ミドルキーワードでブログを書いても上位表示される可能性が高い。


一方、初心者の方はアクセスもない状態から始めるのでライバルの少ないロングテールキーワードを狙って上位表示させていくことが重要です。



上位表示されやすい


ロングテールキーワードはライバルが少ないので上位表示されやすく、アクセスアップを期待できます。


まずは、初心者の方はロングテールキーワードで10本、20本記事を書くことをおすすめします。


どうしても、ミドル、ビッグキーワードは上位表示が難しく、アクセスアップまで時間がかかってしまいます。



ミドルキーワードでも上位表示されやすくなる


ロングテールキーワードで記事を書いていくと自ずと、ミドルキーワードでも上位表示されやすくなります。


ミドルキーワードでも上位表示されるとアクセスが急激に伸びます。


なので、ロングテールキーワードで記事を書くことがミドルキーワード、ビッグキーワードでも上位表示される可能性が高くなる。


ロングテールキーワードから書くとアクセスアップが期待できる。



まとめ


  • キーワード関連ツールでキーワードを抽出
  • キーワードプランナーで検索ボリュームを調べる
  • ロングテールキーワードは初心者におすすめ
  • ロングテールキーワードは上位表示されやすくアクセスが見込める





コメント