アフィリエイト初心者1万稼ぐロードマップ

文章が上手くなるには?【上手い文章の書き方とコツ7つ】

文章が上手くなるには?【上手い文章の書き方とコツ7つ】

上手くなるには?
上手くなるには?
  • 文章を上手くなるには、何から始めればいいの?
  • 文章が上手くなるコツを教えてほしい。
  • 文章で食べていく方法はあるの?

こんな悩みを解決します。

本記事の信頼性

  • ブログ歴3年目
  • 記事数300記事
  • 収益5桁
  • アクセス1万PV

文章のうまくなる方法って何から始めればいいのかわかりずらいですよね。

そこで、本記事では上手い文章について、文章を上手くなる方法、コツ、文章で稼ぐ方法を解説します。

この記事を読むことによって、文章を上手くなる方法や文章で食べていく方法を知ることができます。

3分ほどで読める記事となっていますよ!

文章が上手いとは

文章が上手いとは

そもそも、文章が上手いとはどのような文章だと思いますか。

結局のところ、文章が上手いとは読者が読みやすい文章だと思っています。

例えば、上手い文章には…

  • 読みやすい文章
  • ストレスなく読める文章
  • わかりやすい文章
  • 伝わりやすい文章

つまり、文章が上手いとは読む人が読みやすい文章のことをいいます。

繰り返しになりますが、文章が上手いとは読者が読みやすい文章のことです!!

》【ブログ】読みやすい文章の書き方7つとコツ3つ

文章を上手くなるには

文章を上手くなるには

文章を上手くするには方法は3つあります。

  1. アウトプットする
  2. 本やブログを読む
  3. 文章を学ぶ

この3つの方法で文章が上手くなりますよ!

⒈アウトプットする

文章を上手くなるには、ともかく書くことですね。

その理由は、書くことで成長することができるから。

わかりやすい例だと、サッカー選手がシュートを上手くなるためには、シュート練習をしなければ上手くなりませんよね。文章にも同じことが言えて、文章を書かないと上手になりません。

大切なのは、アウトプットしつつ徐々に成長することだと思っています!

⒉本やブログを読む

文章を上手くなるには、本やブログを読むことがおすすめです。

その理由は、上手い人の文章を読むと学べることが多いから。

例えば、好きな作家さんやブロガーさんのブログを読んで、「いい文章だなー。」と感じたらメモしたりスクショしておいて、後から見直すといいですよ。

例えば、ひつじアフィリエイトさんとかDAIGOさんとかですかね。

というわけで、文章を上手くなるには本やブログを読みましょう!



》【初心者】ブログの書き方を学べる本5冊

⒊文章を学ぶ

文章を上手くなるには、まず文章について学ぶことから始めましょう。

その理由は、文章を上手くするには知識が必要になってくるから。

先で紹介した「上手い文章とは読者が読みやすい文章」と紹介しました。

つまり、上手い文章とは何かをまず明確にしてから書くことで圧倒的に成長スピードが上がるのです。

大切なのは、文章を上手くしたいという姿勢ですね。

文章が上手くなるコツ7つ

文章が上手くなるコツ7つ

文章が上手くなるコツは7つあります。

  1. 型を使う
  2. 語尾の統一
  3. 専門用語を使わない
  4. 漢字とひらがなの割合
  5. 1文をできるだけ短く
  6. リズムを大事に
  7. 誰かに読んでもらう

一つずつ解説しますね!

⒈型を使う

文章が上手くなるコツは型を使うといいですよ。

その理由は、パターン化することできれいな文章が書けて、使い回しすることができるから。

文章のパターンはPREP法がおすすめでして、

PREP法とは

  • Point(主張):この見出しで主張したいこと
  • Reason(理由):主張する根拠
  • Example(具体例):主張の正しさを示す例
  • Point(主張):最後にもう一度主張

このように、型を使うことで文章を上手く書くことができます。

ちなみに、この見出しもPREP法を使っていますよ!

》ブログの書き方をパターン化して執筆スピードを2倍にするコツ

⒉語尾の統一

上手い文章を書くコツは語尾を統一することです。

なぜなら、語尾を統一していないと読みにくいから。

具体的には「ですます調」と「だ・である調」があって…

ですます調

この文章は「です・ます調」で書いています。「です・ます調」は丁寧語で統一された文体のため、読み手に丁寧で柔らかい印象を与えます。

だ・である調

この文章は「だ・である調」で文章を書いた文章だ。「だ・である調」は、敬語を使わず強い断定形をとるため、やや堅い印象を与える文体だ。

このように、語尾を統一することで読みやすい上手い文章になりますよ。

ちなみに当ブログは「です・ます調」で統一しています。

⒊専門用語を使わない

上手い文章を書くコツは専門用語をなるべく使わないようにすることです。

理由は1つで、専門用語は難しいため読みにくいから。

つまり、なるべく小学生にもわかるように書くこと。

大切なことは読者が読みやすい文章を書くことを意識することですね。

⒋漢字とひらがなの割合

文章を上手く書くコツは漢字とひらがなのバランスを意識することです。

その理由は、漢字が多すぎても、ひらがなが多すぎても読みにくいから。

例えば、漢字が多いパターン↓

漢字が多い文章は読む事が難しく、平仮名が多い文章も読む事が難しくなります。

ひらがなが多いパターン↓

ひらがながおおい文章はよむことがむずかしく、逆にかんじがおおい文章もよむことがむずかしくなります。

このように、漢字とひらがなのバランスを意識して書くと文章が上手くなります。

ちなみに、漢字とひらがなの割合は「漢字3:ひらがな7」を目安にするといいですよ。

⒌1文をできるだけ短く

文章を上手く書くコツは1文をできるだけ短くすることです。

その理由は、長い文章は読み手にとって大きな負担となるからですね。

文章を読むことは思っているよりもエネルギーを消費します。ということは、読み手にできるだけ簡素に伝えることがベストなわけです。

その結果、読みやすい文章になるということですね。

⒍リズムを大事に

上手い文章はリズムがいい文章だと思っています。

なぜなら、リズムよく読めると気持ちがいいから。

文章のリズムをよくするには、接続詞が効果的で…

理由の接続詞

  • なぜなら
  • 理由は
  • その理由は
  • 根拠は
  • 理由は1つ
  • 結局のところ

具体例の接続詞

  • 実際に
  • たとえば
  • 具体的には
  • 例えるなら
  • つまり
  • わかりやすく言えば
  • もう少し噛み砕くと
  • 〜がいい例です
  • もし〜

主張の接続詞

  • というわけで
  • そのため
  • 繰り返しになりますが
  • 大切なのは
  • 要するに
  • おさらいです
  • というように
  • その結果
  • このように

このように、接続詞を使うとリズムのいい気持ちのいい文章になります!

ちなみに、メモして書くときに見ながら書くことがおすすめです。私もやっていますよ。

⒎誰かに読んでももらう

文章を上手くするコツは誰かに読んでもらうといいですよ。

その理由は他人にしか気づかないところを指摘してくれるから。

もし、身近に奥さんや友達がいるなら一度読んでもらって感想を聞いてみる。そうすると、今まで気づけなかったことを指摘してくれます。

その結果、いい文章が書けるようになるということですね。

文章で稼ぐ方法3つ

文章で稼ぐ方法3つ

文章で稼ぐ方法を3つ紹介します。

  1. アフィリエイト
  2. フリーで活動
  3. クラウドワークス

文章でお金を稼ぐ方法は3つ!

⒈アフィリエイト

文章で稼ぐ方法はアフィリエイトがおすすめです。

その理由は初期費用がかからないし、文章が上手くなるからですね。

もう少し噛み砕くと、アフィリエイトはお客さんに商品やサービスを購入してもらえるように文章を書きます。セールスライティングというやつですね。

つまり、アフィリエイトでお金を稼ぎつつ、ライティングスキルが向上するのでアフィリエイトが最適解だと思ってます。

おさらいです、文章で稼ぐならアフィリエイトがおすすめ!

【無料】アフィリエイト初心者が1万円稼ぐ完全ロードマップ

⒉フリーで活動

文章で稼ぐ方法にフリーで活動する方法があります。

結局のところ、文章で稼ぐならフリーで活動すると一番稼げます。

実際に、フリーで活動するには、webライターとして専業で働くとか、個人で契約をとってきて活動することがメインですね。

このように、文章で稼ぐ方法はフリーで活動することです。

⒊クラウドワークス

文章で稼ぐならクラウドワークスがおすすめ。

なぜなら、クラウドワークスにはライターの仕事がたくさんあるから。

例えば、クラウドワークスのwebライターの案件を覗いてみると…

  • キャッチフレーズ
  • コピーライティング
  • 名前募集
  • オウンドメディア
  • ブログ記事作成
  • レビュー
  • 口コミ
  • 記事
  • Webコンテンツ作成
  • 文書作成
  • 編集・校正・リライト
  • セールスコピー・セールスレター
  • シナリオ作成
  • 脚本制作
  • 小説作成
  • インタビュー
  • 取材記事作成
  • 書籍編集
  • 雑誌編集
  • メルマガ
  • DM作成
  • その他(ライティング)

このようにたくさんの仕事がありますね。

正直クラウドワークスで月5万から10万くらいなら、慣れたら簡単だと思います。

おさらいです、文章で稼ぐならクラウドワークスで始めましょう。

クラウドワークス | 無料登録はこちら!!

文章が上手くなるツール3つ

文章が上手くなるツール3つ

文章が上手くなるツールを3つ紹介します。

  1. ブログ
  2. Twitter
  3. 文賢

文章を上手くなるならツールを使いましょう!

⒈ブログ

文章を上手くするツールの一つ目はブログです。

なぜなら、ブログでアウトプットすることで文章を書く練習になるから。

例えば、ブログにはアメブロなどの無料ブログとWordPressがあります。

おすすめはWordPressでして、理由はアクセスを集めやすいし、SEOの勉強になるから。SEOは覚えておいた方がよくて、ライティングの案件で「SEOを意識したライティングをしてください。」と指示されることがあります。

おさらいです、文章が上手くなるツールの1つ目はブログです。

》【無料】初心者でも10分で出来るConoHaWingワードプレス簡単セットアップ方法

⒉Twitter

文章が上手くなるツールの2つ目はTwitterです。

なぜなら、Twitterは140文字と制限があり、要約する練習になるから。

Twitterはブログと異なり、文字数に制限があります。よって、限られた文字数で伝えたいことを書く練習に最適になります。

要するに、制限がある中でどれだけ簡素に書けるかという練習ですね。

⒊文賢

文賢

文章が上手くなるツールの3つ目は文賢です。

なぜなら、文賢はプロのライターさんが添削してくれるから。

例えば、ブログを書いて本当にこの文章で合っているかなど不安になりますよね。そんなときは文賢を使いましょう。

文賢を使うメリットは圧倒的に成長スピードが上がること。一人だと気づかないことが多いのが事実です。

そのため、文章を上手くするなら文賢がおすすめ。

文賢 | 公式ページはこちら!!

まとめ:文章が上手くなるには?【上手い文章の書き方とコツ7つ】

  • 文章が上手いとは文章が上手くなるには
  • 文章が上手くなるコツ7つ
  • 文章で稼ぐ方法3つ
  • 文章が上手くなるツール3つ

文章が上手くなるには、とにかく経験を積むこと。

おすすめはブログを書く習慣をつくることですね。

結局コツコツとやることが文章を上手くなる近道だと思っています。

》【無料】初心者でも10分で出来るConoHaWingワードプレス簡単セットアップ方法

【無料】初心者でも10分で出来るConoHa WINGワードプレス簡単セットアップ方法