30代おすすめの転職エージェント5選

webライターの将来性が明るい理由4つとスキルを身につける方法

webライターの将来性が明るい理由4つとスキルを身につける方法

悩む人
悩む人

動画コンテンツが流行ってきているけど、webライターって今後も大丈夫なの?オワコンにならないの?webライターの将来性は?


こんな疑問にお答えします。

本記事の信頼性

  • ブログを200記事以上執筆している
  • webライターで稼いでいる


「YouTubeやAIの台頭でwebライターがオワコン化しているような気がして今更webライターを目指しても大丈夫なのかな?」

「これからどうなるか知りたい。」

結論を先にいうとwebライターはこれからも稼げますし、将来性は明るいですよ。

もちろん、未来は誰も分かりませんし、絶対ではありませんがあと10年くらいは明るいと確信しています。

この記事を読むメリット

  • webライターの将来が不安と言われる理由がわかる
  • webライターの将来が明るい理由がわかる
  • ウェブライターに向いている人がわかる


それでは、webライターの将来性について解説していきますね。

webライターの将来性が不安な理由3つ

webライターの将来性が不安な理由3つ


webライターの将来性に不安を感じる人の理由は主に3つありまして、1つは「単価が安い案件が多いから」2つは「動画メディアの台頭」3つは「AIに奪われる」ですね。

webライターの将来性が不安な理由3つ

  1. 単価が安い案件が多いから
  2. 動画メディアの台頭
  3. AIに奪われる


これらの3つの理由が主にwebライターの将来性を不安視しているのではないかと考えられます。これから解説していきますね。

将来性が不安な理由①:単価が安い案件が多い


最近は副業解禁の会社が増えてきて、クラウドワークスなどの案件が増えてきました。

クラウドワークスを見てみると、未経験者は1文字0.5円〜1円のものが多く、例えば、5000文字書いても2500円から5000円です。

その影響からwebライターの単価が安くなってしまったことが将来性を不安にしている理由です。

しかし、スキルがあるwebライターは単価を上げることができるので、安心してくださいね。

将来性が不安な理由②:動画メディアの台頭


YouTubeや動画コンテンツが台頭してきて、これからはテキストのメディアが衰退するのではないかと考えられてきました。

しかし、これからも、テキストのメディアは残り続けるでしょう。

したがって、webライターの仕事自体がなくなるということはあり得ないですね。

将来性が不安な理由③:AIに奪われる


AIや自動文字起こしなどでwebライターの仕事がとって変わるのではないかと不安な人も多いはず。

しかし、しばらくの間は問題ないと考えられますが、将来のことは分かりません。

ただ、これからwebライターが完全になくなることはないですね。

webライターの将来性が明るい理由4つ

webライターの将来性が明るい理由4つ


webライターの将来性が明るい理由を紹介します。

4つの理由があって、1つ目は「スキルがあれば単価は上がる」2つ目は「量よりも質を重視する」3つ目は「webライターは応用が効く」4つ目は「リモートで働く時代がくるから」の4つです。

webライターの将来性が明るい理由4つ

  1. スキルがあれば単価は上がる
  2. 量よりも質を重視する
  3. webライターは応用が効く
  4. リモートで働く時代がくるから


webライターの見通しはまだまだ明るいですよ。

解説します。

将来性が明るい理由①:スキルがあれば単価は上がる


スキルがあるwebライターはどこでも仕事ができて、単価も上げることが可能です。

なぜなら、副業が解禁されてスキルがないライターさんが増えてきたからですね。

webライターで独立している人は1文字あたり2.5円から3円が相場でして、5000文字なら1記事12,500円から15,000円です。

月20記事で30万円くらいですね。

つまり、スキルがあるwebライターはまだまだ稼ぐことができますよ

将来性が明るい理由②:量よりも質を重視する


Googleは記事の量よりも質を重視している傾向にあります。

なぜなら、質のいい記事を上位に表示させたいからですね。

ということは質のいい記事を書けるwebライターはこれからも稼ぐことができます

つまり、スキルを身につけるとこれからも稼げるということですね。

将来性が明るい理由③:webライターは応用が効く


webライターはライター以外にも応用することができます。

例えば、セールスライティングやプレゼン、本の執筆、台本作成、SNS、営業メールに応用することができます。

webライティングを身につけることで、webライター以外でも仕事ができるので、将来性は明るいですね。

ブログが転職に有利な理由と職種を2つ解説【ブログで身につくスキル】

将来性が明るい理由④:リモートで働く時代くるから


コロナ禍もあって、リモートで働く人が今後も増えていきます。

そこでスキルがありリモートで働けるwebライターの需要は高まっていきますね。

今後はオフィスも必要なくなる時代ですので、どこでも働けるwebライターは将来性は明るいです。

webライターのスキルを身につける方法3つ

webライターのスキルを身につける方法3つ


webライターはスキルがあれば、将来性は明るいです。

そこでスキルを身につけるための方法を紹介します。

方法は3つありまして、1つ目は「ブログを運営する」2つ目は「Twitterで発信する」3つ目は「プロのライターに添削してもらう」の3つです。

webライターのスキルを身につける方法3つ

  1. ブログを運営する
  2. Twitterで発信する
  3. プロのライターに添削してもらう


webライターは書くこと、発信することで上達しますよ!!

解説します。

スキルを身につける方法①:ブログを運営する


webライターのライティングスキルを身につける一番いい方法はブログを運営することですね。

なぜなら、いい記事を書けば上位表示することができて、webマーケティングも学ぶことができるからです。

どのように記事を書けば最後まで読まれるのかを日々考えることでライティングスキルが上達します。

目安は最低でも100記事書きましょう。

100記事書くと少し上達しますよ!!

ブログの始め方は「【WordPress】ブログの始め方を33枚の画像を使って4ステップで解説【ロリポップ】」をどうぞ。

スキルを身につける方法②:Twitterで発信する


Twitterで発信することもライティングスキルを向上することができます。

なぜなら、140文字という制限の中で発信しなければいけないから。

いかに140字で伝えられるのかというトレーニングになるのでおすすめです。

目安は毎日10ツイートするようにしましょう。

ブログと違ってすぐに反応があることもTwitterで発信するメリットですよ。

スキルを身につける方法③:プロのライターに添削してもらう


ブログで発信して、Twitterで発信すると本当に上手くなっているか不安になると思います。

そこでおすすめの方法がプロのライターさんに添削してもらう方法です。

文賢



文賢というサービスを使えば、自分が書いた文章のいいところ、直した方がいいところを添削してくれます。

文賢を使うのもライティングスキルを身につけるおすすめの方法ですね。

webライターに向いている人

webライターに向いている人


webライターに向いている人がいまして、例えば、文章を書くことが好きな人、分析が好きな人、内向的な人、話すのが苦手な人、じっくり考えるのが好きな人がwebライターに向いていますね。

webライターに向いている人

  • 文章を書くことが好きな人
  • 分析が好きな人
  • 内向的な人
  • 話すのが苦手な人
  • じっくり考えるのが好きな人


とりあえずブログやTwitterで発信してみて「自分に合うな」「楽しいな」と感じたらぜひやってみた方がいいですよ。

webライターの将来性が明るい理由4つとスキルを身につける方法

まとめ
  • webライターの将来性が不安な理由3つ
  • webライターの将来性が明るい理由4つ
  • webライターのスキルを身につける方法3つ
  • webライターに向いている人


webライターの将来は明るいです、スキルがあるwebライターは仕事はたくさんあるし稼ぐこともできますので、ブログ、Twitterで発信してライティングスキルを身に付けましょう!!

【WordPress】ブログの始め方を33枚の画像を使って4ステップで解説【ロリポップ】