「サイトマップ」から記事を探す

ワードプレスのプラグインの入れ方を【チョー】わかりやすく解説するよ

前提


ワードプレスのプラグインの入れ方はどんなん方法があるの?

プラグインのインストールはどうやるの?

そんな疑問をお持ちの方におすすめの記事です。

この記事では、プラグインの簡単なインストールの方法とアップロードの方法を紹介します。

この記事を読み終えるとプラグインのインストールの仕方がわかります。

ワードプレスのプラグインの入れ方2つ紹介


プラグインをインストールする方法は2つ。

  1. 検索してインストールする方法
  2. Zip形式で配布されているプラグインのインストールする方法

この記事では、この2つの方法を紹介します。

主にインストールする場合はこの2つの方法でほとんどいけます。

プラグインの入れ方①:検索してインストールする方法


最初にダッシュボードの【 プラグイン > 新規追加 】をクリック。


次に検索窓に「AddToAny Share Buttons」と記入し【今すぐインストール】をクリック。


インストールが完了したら【有効化】をクリック。


AddToAny Share Buttons はシェアボタンを実装してくれるプラグインです。

これでプラグインがインストールでき有効化できました。

実際に実装されているか見てみましょう。

インストールしたものを確認


プラグインが実装されているか確認してみます。

記事を投稿したら、記事下部にツイッターやfacebookでシェアできるボタンが実装されています。


シェアボタンがあると成功です。

次は、Zip形式で配布されているプラグインのインストール方法の解説です。

プラグインの入れ方②:Zip形式のファイルをアップロードする方法


次はワードプレスのサイトなどからダウンロードしてきてZip形式のファイルをアップロードする方法です。

この方法もよく使う方法ですので覚えておきましょう。

まずはインストールしたいプラグインをダウンロードします。

WordPressの公式ページのプラグインページにいきます。

プラグインのページで検索フォームに【Contact Form 7】と入力して検索します。

Contact Form 7は問い合わせフォームを実装してくれるものです。

Contact Form 7を選択。


【ダウンロード】をクリック。


次にダウンロードしたものをワードプレスにインストールします。  

 【プラグイン > 新規追加 】をクリック。


つぎに【プラグインのアップロード】をクリック。

 
【ファイルを選択】をクリック。

 

ダウンロードした【Contact Form 7】のファイルを選択して【今すぐインストール】をクリック。


インストールして有効化したら完了です。

次はインストールしたものを確認してみましょう。  
 

インストールしたものを確認


メニューの【 お問い合わせ > 新規追加 】 をクリック。


【タイトル】を記入して【保存】をクリック。


保存を押すとショートコードが生成されるのでコピーします。


 次にコピーしたショートコードを固定ページにコピペします。


公開して確認します。

コンタクトフォームが実装されていれば成功です。


まとめ:ワード プレスのプラグインの入れ方


ワードプレスのプラグインの入れ方は全部で2つ。

  1. 検索してインストール方法
  2. Zip形式のファイルをアップロードする方法

この方法でプラグインはインストールすることができます。

プラグインは、便利な機能ですので是非使っていきましょう。