30代おすすめの転職エージェント5選

ブログが読みやすい行間をあけるテクニック4つとメリット

ブログが読みやすい行間をあけるテクニック4つとメリット

初心者ブロガー
初心者ブロガー
  • ブログの読みやすい行間ってどのくらいが一番読みやすいのかなぁ?
  • どのくらい行間を空ければいいの?


こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • ブログの行間を空けるメリット
  • 読みやすいブログ行間の空け方
  • 読みやすい文章にする方法


私はブログ記事を150記事書いてきて読みやすいブログ、読みにくいブログは行間にあることを知りました。

この記事を読み終えると、ブログの行間を空けるメリットを知ることができ、さらに読みやすいブログにすることができますよ。

ブログの行間を空けるメリット

ブログの行間を空けるメリット


ブログの行間を空けるメリットはブログが読みやすくなるということ。

読みやすいブログは最後まで読まれるので離脱率が下がります。

なので、ブログは読者のために書くので、読みやすくなるなら行間は空けた方がいいです。

例えば下記の文章は同じ文章でして、、

行間なし
行間あり


両方同じ文章ですが、読みやすさが全然違いますよね。

つまり、ブログの行間を空けるメリットは読者が読みやすくなるということです。

ブログが読みやすい行間テクニック4つ

ブログが読みやすい行間テクニック4つ


ブログが読みやすくなる行間テクニックを4つ紹介します。

1つ目は「。」で改行する、2つ目は1行から3行空ける、3つ目は4〜5行になるようにする、4つ目は有料テーマを導入するです。

ブログが読みやすい行間テクニック4つ

  1. 「。」で改行する
  2. 1行から3行分の行間を空ける
  3. スマホで見た時に4〜5行になるようにする
  4. 有料テーマを導入する


どれも今日からできることですので、ブログに取り入れてみてくださいね。

「。」で改行する


基本的にブログを書くときは「。」で改行してOKです。

なぜなら、1文が長すぎると読みにくくなるから。

多くても「。」2つで改行しましょう。

当サイトも基本的に「。」がきたら改行するようにしています。

なので、ルールごととして決めておくのもいいかもしれませんね。

1行から3行空ける


ブログを読みやすくするには1行から3行分あければOKでして、当サイトは1行分空けています。

1行分あけた文章


このあたりは、自分のブログをみながら調整していけば大丈夫です。

まぁ1行から3行くらいが丁度いいと思います。

ブログを読みやすくするには1行から3行空けることです。

4〜5行になるようにする


改行する時のポイントはスマホで見た時に1画面内に4行から5行が収まるくらいがベスト。

1行だとスクロールが大変ですし、多すぎると逆に読みにくくなります。

下記の画像はスマホで見た時の画面でして、、



画面に4行から5行で収まってますね。

なので、スマホで見た時に4行から5行にすると読みやすくなります。

有料テーマを導入する


ブログを読みやすくするなら、有料テーマを導入するのもありでして、有料テーマはデザインやフォント、余白が綺麗に設計されています。

例えば、SANGOアフィンガートールなど1万円前後のテーマにするだけでもかなり読みやすくなり、とてもコスパが良いのでおすすめです。

読みやすい文章力にする方法

読みやすい文章力にする方法


文章テクニックをあげて読みやすいブログにするにはとにかく書くこと。

どれくらい書けば良いかというと、100記事ほど。

正直100記事でも少ないくらいです。

よく「100記事書け」と言われるのは、100記事書く頃に少し上達し始める頃だからですね。

もしも、もっと早く文章テクニックをあげたい人は文賢というサービスがおすすめ。

文賢はプロのライターさんがオンラインで指導してくれるサービスなので文章がメキメキ上達しますよ。

ブログが読みやすい行間をあけるテクニック4つとメリット

まとめ
  • ブログの行間を空けるメリット
  • ブログを読みやすくするテクニック
  • 文章力を上げる方法


ブログの行間をあけるのは読者が読みやすいようにするためです。

なので、読みやすいように適度な文量、行間にすると読みやすいブログ記事になるので「。」で改行するでOKです。

それでは。

【文賢】オンライン文賢説明会へ