オススメ!FBAシュミレーターアプリの紹介

アマゾンせどり



こんにちはササクラ です。

今回、紹介するのはアマゾンせどりでは欠かせない

ツール「モノレート」です。

モノレートを使えば利益と利益率、今何が売れているのかがすぐにわかります。



モノレートとは?



モノレートとはアマゾンで今何が売れているのか?

何人の人が出品しているのか?

ランキングの変動や販売個数がわかるツールです。

もしアマゾンでせどりをする人はモノレートの見方、使い方は覚えておきましょう。



最安値





まず最初に赤線で囲ったところで新品と中古、期間の選択ができます。

このグラフでは商品の最安値がわかります。

青のグラフがコレクターの最安値でオレンジ色が中古の最安値になります。



出品者数





こちらのグラフは出品者数のグラフです。

今現在、アマゾンで出品している人の数がわかります。

こちらも同様に期間ごとに表示ができます。



ランキング





ランキンググラフではアマゾンのランキングを知ることができます。

ランキングは常に変動していて折れ線になっていることがよくあります。

この折れ線は実はアマゾンで商品が売れたらランキングが上がりまた。下がったりして折れ線のようになる。

ですので、このグラフを見ればどの商品が売れているのかが一目でわかります。

詳しくは下記のリンクに詳しく書いているので見てみて下さい。


amazonせどりのモノレートの見方はここだけを見る


モノレートユーザー




このグラフは、モノレートを使っている人がどれくらい

いるのかがわかります。

ユーザーが増えているということは

この商品が注目されているまたは売れているということがわかります。



シュミレーター機能の使い方



さてここから利益シュミレーターの使い方を紹介します。





詳細設定





  • 詳細設定をクリック





  • 仕入れ先・・・ブックオフ
  • 出品方法・・・プライム
  • 出品プラン・・・大口出品者
  • 消費税納税義務・・・あり



それぞれ選択する。



販売価格・原価(仕入れ額)を記入





利益・利益率・投資利益率




利益・・・545円

利益率・・・27.50%

投資利益率・・・99%



利益はそのままで売れれば利益として収入となります。

利益率は販売価格から仕入額と手数料を引いた利益率にになります。

投資利益率とは投資した金額の何パーセントが利益になるかを示ししています。

どれぐらい効率的にお金を使っているかが分かります。



まとめ


  1. モノレートを使えば出品者数、ランキング、最安値が一目でわかる
  2. 利益シュミレーターを使えば利益・利益率・ROIがわかる
  3. ライスターと組み合わせれば最強!!



コメント