中古本せどりの値札はがしは必須です

アマゾンせどり

こんにちは、ササクラです。

ブックオフなどで仕入れてきたものをすぐに出品することはできません。

その前にいろいろするこおとがあります。

その一つが値札はがしです。

値札剥がしはせどりをする際に避けては通れない道ですので、

ここでぜひ学んでいって下さい。

それでは、参ります。

値札とは?


みなさんもご存知だと思いますが、

買い物で買うとき値札(バーコード)が付いています。

これはものを買うときにいくらかを示すものです。

ブックオフであればこのようなものが値札になります。

みなさんも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?





これが値札です。

これを出品前に一つ一つ剥がしていきます。



なぜ値札剥がしが必要か?



さて、なぜ値札を剥がす作業が必要なのでしょうか?

もし、みなさんがAmazonなどで商品を買った際にブックオフの値札シールが

貼っていたら嫌ですよね。

私だったら嫌です。

また、FBAなどで出品する際に購入者から評価をしてもらいます。





もし値札シールなどがそのままだと高評価はおそらくもらえません。

良くても星3つあたりが妥当でしょう。

評価は後々せどりをする上でとても大切な事項なのでしっかりと値札を剥がします。



使うもの



シール剥がしには必要なものがあります。

どれもネットショップで揃えることができるものです。





値札剥がしの方法



なぜ値札剥がしが必要かがわかったところで

次はその方法を紹介します。

手順
  1. シール剥がし液を塗る
  2. 2〜3分待つ
  3. ハケで剥がす


やり方は動画を用意したのでこちらをご覧ください。



まとめ



  • シール剥がしは高評価に繋がる
  • 必要なものはシール剥がし液だけ


値札剥がしはひとつひとつしなければいけないので

面倒な作業ですが高評価に繋がるとても大事な作業なので

必ずやっておきましょう!!



コメント