プログラミング言語の種類と実際に作れるもの

Blog

プログラミング言語が多すぎてわからない

 

 

プログラミングを勉強しようと思うのだけれど、

言語が多すぎてわからないんです。

確かに、多いですねえ。

プログラミング言語は、何を作りたいかによって変わってきます。

 

何を作るか?

 

そう。

例えば、ホームページを作りたいとき、

アプリを作りたいとき、ブログを作りたいときなど、

それぞれに得意な言語があります。

まずは、何を作りたいかをはっきりさせることから

始めてみましょう!!

 

なるほど。。。

 

プログラミング言語の種類

 

 

プログラミング言語は、現在数百個の言語があり、メジャーなもの

マイナーなものまでたくさん存在している。

 

その中でもメジャーなものをピックアップする。

 

  • HTML,CSS
  • PHP
  • Ruby
  • Java
  • Swift
  • Python

 

 

作りたいもの別プログラミング言語表

 

 

 

言語 作れるもの・使われているもの
HTML CSS ホームページ、ウェブアプリケーション
PHP ワードプレス、サーバサイド
Ruby ウェブアプリケーション、Ruby on Rails
Java サーバサイド、アンドロイドアプリ
Swift iOSアプリ
Python 人工知能、AI

 

 

 

プログラミング言語の用途と実例

 

HTML, CSS

 

HTMLとCSSは主に、ホームページを作る際に使用されている。

ホームページの設計、骨格の部分に使われている。

例えば、見出しにも色々あって、文章を書く際に大見出し、小見出しとあるが、

この大見出しをHTMLで書くと以下のようになります。

 

<h2>大見出し</h2>
<h3>小見出し</h3>

 

このh2とh3で見出しを表示します。

 

CSSはホームページでは、装飾のようなものだと思っていただければいいと思います。

 

例えば、テキストの色を赤に変更したいときは、CSSを使います。

 

先ほどの見出しに色をつけるとしたら、以下のようなコードになる。

 

 

h2 {
color: red;
}

 

これで、テキストの色は、赤になります。

 

 

PHP

 

PHPはとてもメジャーな言語である。

サーバーサイドの言語で、沢山の企業、サイトで採用されている言語。

初心者の人にもおすすめで、初心者の人がよく最初に学ぶ言語とも言われている。

PHPは、ワードプレスにも採用されており、

ワードプレスでブログなどを運営、カスタマイズしたい人は、

PHPから入るのもいいと思います。

 

Ruby

 

rubyは日本人のまつもとゆきひろさんが開発した言語で、日本発のプログラミング言語である。

 

rubyはフレームワークのRuby on Railsと一緒に使われるケースが多く、

Railsを使うのに必須の言語である。

Railsは主に、ウェブアプリケーションを作るのにとても便利なフレームワークです。

Railsで作られたものに以下のようなもがある。

 

 

Java

 

Javaはアンドロイドアプリにも使用されていて、企業でもよく採用されている言語である。

 

Javaは初心者の人にはなかなか、取っ付きにく部分もあるが、

 

就職などでJavaができるとかなり有利な言語である。

 

Swift

 

Swiftは主にiPhoneアプリに使われる言語である。

Swift以前は、Objective-cという言語が主流だったが、現在は、

Swiftが使われている。

iPhoneのアプリを作るならSwiftを使う。

 

Python

 

ここ最近、人気が出てきた言語、Pyhton。

人工知能や、ディープラーニング、AIの登場によって、

Pythonを学ぶ人、採用する企業がふえてきました。

 

 

コメント