SEOと筋トレは似ている?質と量のお話。

Blog
SEO concept vector illustration of people using laptops for developing and optimizing website or mobile app. Flat modern design of young programmers coding a new project and analysing search engine

こんなことに悩んでいます

 

  • SEOがなかなか伸びない。
  • 結果がついてこない。
  • いつ頃、稼げるようになるのか。

 

こんな悩みを持っている方におすすめです。

 

 

SEOと筋トレの共通性とは?

 

今日は、SEOと筋トレの共通性を見ていきたいと思います。

 

筋トレとSEOって全く違うものじゃん。と思った方もいると思います。

 

特に、筋トレでなくてもいいのですが、筋トレを野球やサッカー、習い事に変えてもいいかもしれません。

 

 

 

SEOで一番大事なことは「いいコンテンツを書き続けること」です。

 

 

Point

  1. いいコンテンツであること。(質)
  2. 書き続けること。(量)

 

の2点。

 

いいコンテンツだけではダメで且、書き続けないと、SEOのランキングは上がっていきません。

 

反対に書き続けてもよくないコンテンツだとランキングは上がっていきません。

 

 

これを、筋トレに置き換えてみましょう。

 

筋トレをしたことがある人は分かると思いますが、

 

筋肉を肥大させるためには、軽い重量を20回、30回しても、筋肉はつきません。

 

反対に重たい重量を一回だけしてもこれも、同じで筋肉はつきません。

 

大事なのは、「質と量」です。

 

筋肉をつけたいのであれば、

 

10回ギリギリ上がる重量でトレーニングする必要があります。

 

10回を3セットぐらいすると翌日には筋肉痛になっています。

 

この筋肉痛が筋肉になり、どんどん重い重量を扱えるようになっていきます。

 

SEOもいいコンテンツを書くことで、ランキングが上がり、さらに上位に行くことができます。

 

トレーニングしていない人がいきなりベンチプレス100キロなんていうのはほぼ不可能です。

 

まずは、60キロから始めて、65、70、80、90と徐々に重い重量を扱えるようにしてくことが重要です。

 

SEOも初めから1位(ベンチプレス100キロ)を目指すのはなかなか難しい。

 

ですので、まずは60キロ、10回をできるように、いいコンテンツを書くことがSEOの

 

最大の近道となるでしょう。

 

毎日コツコツやっていくことがSEOにも筋トレにもサッカーでも共通していることかもしれません。

 

 

🤗

 

 

コメント