TableViewからSegueを使って次のViewへ文字を渡す

Blog

 

今回は、TableViewのセルから次のViewへ文字を渡す方法を紹介します。

 

テーブルビューのデータを表示するまではこちらを参照してください。

 

現在はこの状態です。

 

 

ここから次のビューへ文字を渡していきます。

UIの実装

 

  1. NavigationControllerを追加。
  2. ViewControllerを追加。Segueは「show」を選択。
  3. 遷移先にLabelを配置。

 

 

ファイルの作成

  1. 遷移先のファイルを作成。「nextViewController.swift」。

 

 

 

 

  1. 作成したファイルと遷移先のViewと関連させる。

 

 

 

接続

  1. 追加したLabelをOutlet接続。Name:「label」。

 

 

 

セグエに名前をつける

  1. セグエを選択し、Identifierに「next」を記入。

 

 

 

 

コーディング

 

  1. ViewController.swiftに下記のコードを追加する。

 

var selectedText:String?  //追加
//    ここから
        func tableView(_ tableView: UITableView, didSelectRowAt indexPath: IndexPath) {
              selectedText = fruites[indexPath.row]
    
            performSegue(withIdentifier: "next", sender: nil)
    
        }
    
    
        override func prepare(for segue: UIStoryboardSegue, sender: Any?) {
            if (segue.identifier == "next") {
                let secondVC: nextViewController = (segue.destination as? nextViewController)!
    
    
                secondVC.text = selectedText!
            }
        }
//     ここまで追加

 

 

 

 

  1. nextViewControllr.swiftに下記のコードを追加する。

 

var text:String = ""    //  追加
label.text = text    //   追加

 

 

 

 

実行

 

 

 

以上で「TableViewからSegueを使って次のViewへ文字を渡す」の説明を終わります。

 

🤗

 

 

コメント