WebkitViewを使ってWebページを表示する

Blog

 

今回は、WebkitViewを使ってwebページを表示します。

今回は、アップルのホームページを表示します。

 

環境

  • Xcode9
  • Swift4
  • WebkitView

 

UIの実装

  1. WebkitViewを選択し、画面一杯に配置。

 

 

 

 

接続

  1. WebkitViewを「webView」でOutlet接続。

 

 

 

コーディング

  1. アップルのURLを読み込みWebkitViewに表示する。

 

import UIKit
import WebKit

class ViewController: UIViewController, WKUIDelegate {
    
    @IBOutlet weak var webView: WKWebView!
    
    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        
        let myURL = URL(string: "https://www.apple.com")
        let myRequest = URLRequest(url: myURL!)
        webView.load(myRequest)
        
    }
    
    
    override func loadView() {
        let webConfiguration = WKWebViewConfiguration()
        webView = WKWebView(frame: .zero, configuration: webConfiguration)
        webView.uiDelegate = self
        view = webView
    }
    
    override func didReceiveMemoryWarning() {
        super.didReceiveMemoryWarning()
                
    }
}

 

 

実行結果

 

 

 

 

 

以上で「WebkitViewを使ってWebページを表示する」の説明を終わります。

 

🤗

 

コメント