アラートボタンで画面遷移

Blog

 

今回は、アラートを表示してOKボタンで画面遷移する方法を紹介します。

 

 

環境

  • Swift4
  • Xcode9
  • UIAlertController

 

UI

  1. Buttonを配置。
  2. 画面遷移先のViewControllerを追加。Backgroundを緑色に変更。

 

 

 

 

 

IDの設定

  1. 画面遷移先(緑のView)にID「second」をつける。

 

 

 

 

 

接続

  1. ButtonをAction接続。

 

 

 

 

コーディング

  1. アラートを生成、OKボタン、キャンセルボタンを生成、OKボタンに画面遷移のコードを記入。

 

 

    @IBAction func alert(_ sender: Any) {
        
//        タイトル・メッセージ
        let alertController = UIAlertController(title: "アラート", message: "画面遷移しますか?", preferredStyle: UIAlertControllerStyle.alert)
        
//        OKボタン
        let okAction = UIAlertAction(title: "OK", style: UIAlertActionStyle.default, handler:{(action: UIAlertAction!) in
            
//        画面遷移コード
            let storyboard: UIStoryboard = self.storyboard!
            let nextView = storyboard.instantiateViewController(withIdentifier: "second")
            self.present(nextView, animated: true, completion: nil)
            
        })
        
//        キャンセルボタン
        let cancelAction: UIAlertAction = UIAlertAction(title: "キャンセル", style: UIAlertActionStyle.cancel, handler:{
            
            (action: UIAlertAction!) -> Void in
            
        })
        
        alertController.addAction(okAction)
        alertController.addAction(cancelAction)
        
        present(alertController, animated: true, completion: nil)
    }

 

 

実行結果

 

 

 

 

 

いかがでしたか?

 

以上で「アラートボタンで画面遷移」の説明を終わります。

 

 

🤗

 

コメント