ヒゲ剃りアプリを作ってみよう

Blog

 

今回、作るのはヒゲ剃りアプリを作りたいと思います。

イメージはシェーバーをタップしたらバイブレーションが発動するという簡単なアプリです。

 

実際に作っていきましょう。

 

 

 

画像の用意

 

 

  • Googleで「シェーバー」を検索して、Xcodeに追加しておきましょう。

 

 

 

 

 

UIの設定

 

 

  • Buttonを配置し、イメージをシェーバーに変更。

 

 

 

 

Action接続

 

 

  • ButtonをAction接続、Nameを「shaving」。

 

 

 

 

コーディング

 

  • AudioToolboxをインポート。

  • shavingアクションにコードを記入。

 

 

import AudioToolbox
@IBAction func shaving(_ sender: Any) {
        
     AudioServicesPlaySystemSound(SystemSoundID(kSystemSoundID_Vibrate))
    
}

 

 

 

 

ちょこっと知識!!

 

 

バイブレーションの種類は他にもあって、短いものや長いもの、弱いものなどがあります。

詳しくはこちらのサイトに書いてあるので参考にしてみてください。

 

 

全コード

 

import UIKit
import AudioToolbox


class ViewController: UIViewController {
    

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        // Do any additional setup after loading the view, typically from a nib.
    }
    
    
    
    @IBAction func shaving(_ sender: Any) {
        
        AudioServicesPlaySystemSound(SystemSoundID(kSystemSoundID_Vibrate))
        
        
    }

    override func didReceiveMemoryWarning() {
        super.didReceiveMemoryWarning()
        // Dispose of any resources that can be recreated.
    }


}

 

実行結果

 

 

実行は実機でやってみてください。

画像をタップして震えたら成功です。

 

以上で、「ヒゲ剃りアプリを作ってみよう[swift4 Xcode9 AudioToolbox]」の説明を終わります。

 

🤗

 

 

 

コメント