DatePickerを使ってみよう

Blog

 

今回、紹介するのは「DatePicker」です。

DatePickerは主に日付を取得したり、選択するときに使います。

 

 

 

 

 

実際に作りながらDatePickerの使い方について紹介します。

 

UIの設定

 

  • 「Label」と「DatePicker」を配置。

 

 

 

 

Outlet・Action接続

 

  • LabelをOutlet接続。Nameを「label」に設定。
  • DatePickerをAction接続。Nameを「changeDate」、typeを「UIDatePicker」に設定。

 

 

 

 

 

コーディング

 

  • ViewController.swiftに記入。

 

 

  @IBAction func changeDate(_ sender: UIDatePicker) {
    
        let formatter = DateFormatter()
        formatter.dateFormat = "yyyy年MM月dd日 HH:mm"
        
        label.text = formatter.string(from: sender.date)
        
  }

 

 

全コード

 

 

import UIKit

class ViewController: UIViewController {
    
    
    @IBOutlet weak var label: UILabel!
    

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        // Do any additional setup after loading the view, typically from a nib.
    }

 
        @IBAction func changeDate(_ sender: UIDatePicker) {
            
            let formatter = DateFormatter()
            formatter.dateFormat = "yyyy年MM月dd日 HH:mm"
            
            label.text = formatter.string(from: sender.date)
            
    }
    
}

 

実行結果

 

 

 

 

いかがでしたか?

 

これでDatePickerの使い方の説明を終わります。

 

🤗

 

 

 

コメント