文字を次のビューへ渡してみよう

Blog

 

今回、紹介するのはセグエを使って別のビューに文字を渡す方法を紹介します。

 

UIの設定

 

 

  • TextFieldとButtonを追加。
  • Viewを追加。バックグラウンドをグレー。Labelを追加。

 

 

 

新規ファイル作成

 

 

  • File > New > Fileで新規作成。
  • CocoaTouchClass選択。
  • classを「nextViewController」。

 

ファイルの関連付け

 

  • 追加したViewに新規ファイルを関連付け。

 

 

 

セグエの設定

 

  • ボタンから次のビューへ「controlキー」を押しながらドラッグ&ドロップ。
  • segueのIdentifierを「next」に。

 

 

 

Action接続・Outlet接続

 

ViewController.swift

 

  • TextFieldをOutlet接続。Name:「textField」。
  • ButtonをAction接続。Name:「sendBtn」。

 

 

nextViewController.swift

 

  • LabelをOutlet接続。Name:「label」。

 

 

 

 

コーディング

 

[ViewController.swift]

 

  • メソッド記入。

 

    override func prepare(for segue: UIStoryboardSegue, sender: Any?) {
        
        if segue.identifier == "next" {
                //    "next"はセグエのIdentifierのなまえ
            
            let nextViewController:nextViewController = segue.destination as! nextViewController
            
            nextViewController.sendText = self.textField.text!
        }
        
    }

 

 

 

 

[ nextViewController.swift ]

 

  var sendText:String = ""

 

 label.text = sendText

 

 

 

 

完成です。

実行してみましょう。

 

実行結果

 

 

 

 

いかがでしたか?

 

これで「文字を次のビューへ渡してみよう」の説明を終わります。

 

🤗

 

 

コメント