Returnキーで閉じる機能をつけてみよう①

Blog

 

今回は、TextFieldで文字を入力するときにReturnキーで閉じる機能を紹介します。

方法は、いくつかあるのですが、今回は、resignFirstResponder()」メソッドを使います。

 

実際に作りながらやっていきますのでマスターしましょう。

 

UI

 

  • TextFieldとLabelを追加。

 

 

 

Outlet接続

 

  • LabelをOutlet接続。Nameを「label」。
  • TextFieldをOutlet接続。Nameを「textField」。

 

 

 

 

Delegateの設定

 

 

  • SubClassとviewDidLoad()内にコードを記入。

 

 

 

 

 

ファンクションコードの記入

 

  • ViewController.swiftに「textFieldShouldReturnファンクション」を記入。

 

  func textFieldShouldReturn(_ textField: UITextField) -> Bool{
 
        label.text = textField.text
 
        // キーボードを閉じる
        textField.resignFirstResponder()
 
        return true
    }

 

 

 

 

全コード

 

 

import UIKit

class ViewController: UIViewController, UITextFieldDelegate {

    
    
    @IBOutlet weak var label: UILabel!
    
    @IBOutlet weak var textField: UITextField!
    
    
    func textFieldShouldReturn(_ textField: UITextField) -> Bool{
        
        label.text = textField.text
        
        // キーボードを閉じる
        textField.resignFirstResponder()
        
        return true
    }
    
    
    
    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        
        textField.delegate = self
   
    }

    override func didReceiveMemoryWarning() {
        super.didReceiveMemoryWarning()
        // Dispose of any resources that can be recreated.
    }


}

 

 

これで完成です。

実行して確認しましょう。

 

キーボードが出ない場合は、

Simulator > Hardware > Keyboard > Toggle Software Keyboardにチェックを入れる。

 

実行結果

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

覚えとくと便利ですし、ユーザーの為にも親切ですので覚えておきましょう。

 

以上で「Returnキーで閉じる機能をつけてみよう①」の説明を終わります。

 

🤗

 

 

コメント

  1. […] キーボードを閉じる方法は、Returnキーを押して閉じる方法もあります。 […]

  2. […] キーボードを閉じる方法は、Returnキーを押して閉じる方法もあります。 […]