プログラムで画面遷移してみよう

Blog

 

今回は、画面遷移の方法を紹介します。

前回は、セグエを使った遷移方法でしたが、今回は、プログラムを使って、遷移させていきます。

 

まずは、ビューをもう一つ用意して、バックグラウンドを緑にします。

 

 

 

  1. ビューを選択し、横に並べる。
  2. Backgroundに「Spring」を選択。

 

これで、ビューを追加し、緑色に変更されました。

 

続いて、ボタンの設置をしていきます。

 

 

 

 

  1. ボタンを画面中央へ配置。
  2. Titleを「go to green view」に変更。

 

ボタンが設置されました。

 

次は、ボタンをアクション接続します。

 

 

  1. ボタンを選択し、「controlキー」を押しながら、プログラム画面までドラッグ&ドロップ。
  2. Connectionに「Action」、Nameに「gotogreen」を記入し、connectをクリック。

 

ボタンがアクション接続できました。

 

続いて、セグエの設定をしていきます。

 

 

 

  1. 黄色のアイコンを「controlキー」を押しながら、緑のビューへドラッグ&ドロップし、「show」をクリック。
  2. Identifierに「gotogreen」を記入。

 

セグエの設置ができました。

 

続いて、コードを書いてきます。

 

 

 

  1. ViewController.swiftのアクションボタンの中にコードを記入。

 

  self.performSegue(withIdentifier: "gotogreen", sender: nil)

 

これで画面遷移させることができます。

 

プログラムで書く場合は、データを移動させることができます。

 

 

実行結果

 

 

 

以上で、「プログラムで画面遷移してみよう」の説明を終わります。

 

🤗

 

コメント