scaffoldの使い方[ Rails 初級 ]

 

 

今日、紹介するのは、scaffoldです。

 

scaffoldとは、railsに備わってる機能で、「足場」という意味です。

 

scaffoldは簡単にモデル、ビュー、コントローラーを一瞬で生成してくれます。

 

初心者の方は、あっという間にできるので理解するのは難しいと思います。

 

scaffoldを使うのは、ある程度railsを理解している方が使いやすい機能です。

 

$ rails generate scaffold モデル名 カラム名1:データ型1 カラム名2:データ型 2 …

 

上記のコマンドを実装すれば、modelからview、controller を生成してくれます。

 

今回は、Userモデルでnameカラム、ageカラムを実装してみたいと思います。

 

$ rails generate scaffold user name:string age:integer

 

上記のコマンドでたくさんのファイルが追加されると思います。

 

 

よく使うものばかりで、一つ一つ、書いてくと時間がかかるので、

 

楽できるものは、楽をして、コアなところに、集中する方が効率よく開発できると思います。

 

簡単な説明でしたが、以上で、scaffoldの説明でした。

 

 

 

コメント