せどり初心者必見!納品代行業者の見つけ方

物販

こんにちは、ササクラ です。

今回は、納品代行業者の見つけ方を説明します。

せどりをする際の主な作業は大きく分けて3つあります。


  1. 仕入れ
  2. 検品、シール剥がし
  3. 納品


この2と3を納品代行業者にしてもらいます。

今回は、3種類の納品代行業者を紹介いたします。



納品代行業者を使うメリット



まず、納品代行業者を雇うメリットを紹介します。

納品代行業者を雇うことにより、せどりで一番大事な仕入れに

専念できるようになります。

さらに、仕入れに専念できれば当然、売る商品が増えるので、

売り上げが伸びていきます。

このように納品代行業者を雇うことのメリットはたくさんあることが分かります。



納品代行業者


納品代行業者にはいくつか種類があります。


  • 身近な人
  • クラウドソーシング
  • プライスターパートナー



身近な人





身近な人にお願いしてもらう。

例えば、仕事を定年退職した両親や、おばあちゃん、おじいちゃん、

近所のおばさん、仕事で知り合ったパートさん。

近所の人の知り合いがいればその方達に一度聞いて、やってくれそうだったら

お願いしてみましょう。

納品代行業者の一般的な料金は1個60円から100円が相場です。

また、御近所さんにお願いすることのメリットは送料がかからないことがあげれます。

遠い業者さんに頼んだ場合、どうしても送料が発生してくるので、

近くに住んでいる親戚、両親、知り合いの人ならその心配がありません。



クラウドソーシング





次に紹介するのは、クラウドソーシングを使う方法です。

クラウドソーシングとは、ウェブ上で仕事を発注したり、受注したりできるサイトです。


有名なところではクラウドワークスランサーズが有名です。


クラウドワークスで「納品代行」と検索すれば色々出てくるので、

クラウドソーシングで探してみるのも一つの方法です。





プライスターパートナー




次はプライスターパートナーです。

プライスターパートナーはプライスターが提供しているサービスで

プライスターパートナーはせどり専用のパートナーを探すことができます。



パートナーさんごとに写真撮影や大型商品が可能かなどがあるので

自分にあったパートナーさんを選ぶことができる。





まとめ



  • 身近な人に頼む
  • クラウドソーシングを使う
  • プライスターパートナーを使用する



納品代行業者を利用するのは、仕入れに専念できるので

ぜひ、お金に余裕が出てきたら、業者を雇うことをおすすめします。

全て自分でしていたら、仕入れの時間がとても取れなくなってくるので、

余った時間で仕入れやその他のことに費やしてどんどん稼いでいくとこが

重要です。


ここまで納品代行業者を探す方法を紹介しました。





コメント