せどり仕入れ時のセット本に抜け巻がある場合

物販


抜け巻とは?


セット本の仕入れをしていて、よく起こることがあります。

それは、

1巻だけない。

最終巻だけないということが多々あります。


10巻だけない


上記のように最終巻(10巻)だけありません。

セット本の仕入れは、最終巻でけが抜けていることがあります。

なぜ多いかというと、1巻、2巻はたくさん刷るのですが、最終巻につれて刷る部数も減っていきます。

なのでよく最終巻2巻がないことがあります。



抜け巻の管理方法


抜け巻があった場合、何がなかったかを覚えておくことは不可能ですので、その都度メモを取るか写真に保存しておきます。


抜け巻があった場合
  1. Googleスプレッドシートに記入する
  2. 写真に撮る


Google スプレッドシート


一つの方法はGoogleスプレッドシートに記入する方法です。

Googleスプレッドシート


Googleスプレッドシート



このようにメモっておけば仕入れする際に簡単に仕入れることができます。

スマホアプリもあるので外でも使えて便利です。

仕入れしながらスプレッドシートに記入していくのもありです。



iOSアプリ

Androidアプリ




写真に撮る


写真に撮る方法は簡単で単純に写真で撮るだけです。


それぞれの抜け巻



写真に撮るのはとても簡単で、ただ撮るだけです。

上記のようにセット本を丸々撮っておいて、どの巻がないかが一目で分かるようにしておきます。

ただ、仕入れが多くなると写真を見比べながらするので少し不便になっていきます。

仕入れ数が増えてくればGoogleスプレッドシートに切り替えることをおすすめします。



抜け巻の仕入れ方法


では、抜け巻をどうやって仕入ればいいのか。

方法は、いろいろあります。

一つ一つ見ていきましょう。


抜け巻の仕入れ方法
  1. 他の店舗を回る
  2. Amazonなどネットで購入
  3. 300円コーナーで仕入れる



他の店舗を回る


せどりの基礎は安く仕入れて高く売ることが基本です。

なのでできるだけ抜け巻も100円で仕入れます。

抜け巻が無ければ他の店舗で仕入れましょう。

ブックオフは都内、県内に数件、数十件あるので他店で仕入れるものは仕入れます。



Amazonなどのネットで購入


次は、ブックオフでどうしても見つからない場合は、アマゾンで購入します。

ここで注意したいのは送料などで利益が取れない事態を避けることです。


赤字であれば仕入れても意味がないので、ネットで仕入れる際は送料などに気をつけましょう。



300円コーナーで仕入れる



もし、300円コーナーにあって利益も出るなら300円で仕入れるのもありです。

よく最終巻や綺麗めの本は300円コーナーに置いてあることがあるので、100円コーナーに無ければ300円コーナーも見るようにしましょう。



最後に、抜け巻をなくすために


Googleスプレッドシートや写真にできるだけメモらないようにできる方が仕入れも楽になります。

そのためには、コツがあります。


抜け巻を無くすために
  1. 最終巻から仕入れる。
  2. 利益が出そうな最終巻があればその都度仕入れる。



どうしても最終巻は、仕入れにくいのでセット本は最終巻から仕入れる

このことを頭に入れといてください。

また、利益が出るセット本が分かっていれば最終巻があればその都度仕入れても大丈夫です。

1、2巻は簡単に仕入れることができるのでブックオフにあればまずは最終巻から仕入れておきましょう。


セット本は最終巻から仕入れる

このことを頭に入れておけば仕入れも楽になります。





以上が「せどり仕入れ時のセット本に抜け巻がある場合」の説明でした。




コメント